KAWASE BIIKI

日本円(JPY) 為替予想 2015年後半

というわけで、2015年後半の為替予想です。

【JPY】 
・総評 大きくは動かない
日本円ですが、予想が難しいです。以前のように量的緩和確実、円安確実な状況ではないため、上下とも動く可能性はあります。水準的には、値上がりのほうが確率は高そうですが、値上がりする理由もないため、あまり動かない、動きにくい状態が続くと考えています。


まず、値下がり要因ですが、アメリカの利上げ行われた場合や、ヨーロッパ経済が好調に推移した場合に、相対的に値下がりすることが想定されます。また、日銀が更なる量的緩和をすれば、当然、値下がりの可能性が高いと思われます。黒田さんの発言によって可能性は下がったと思われますが、これについては、しばらくは考慮に入れる必要が続きそうです

値上がり要因ですが、ギリシャ問題がこじれたり、中国を中心としたアジア経済が低迷し、世界的なリスクオフ状態になった場合は、値上がりを考えるべきだと思います。また、アメリカが利上げができなかったり、大幅に遅れるような経済状況になったときには、大幅に調整が進む可能性があり注意が必要です。国内的には、可能性は低いでしょうが、インフレ率が急激に高くなり、2%の物価上昇が達成できそうになれば、大幅に値上がりすると思われます。実質実効為替レートが低水準であるため、値上げが起こった場合は大きな動きになりそうです。


★注目すべき指標
 ・実質実効為替レート
 ・CPI(インフレ率)


★トレードアイデア
ロングでも、ショートでもあまり保有したくない状況です。

ドル円(USD/JPY)は、上昇する可能性はありますが、たとえ1ドル130円まで上昇したとしても、7%程度の上昇ですから、利幅は少なくなりそうです。それよりも、130円程度まで上がった後にショートする機会を探ったほうが、より面白味がある様な気がしています。

中国経済の低迷が顕著になるようですと、オセアニア通貨(AUD/JPY,NZD/JPY)のショートが確実性が高そうです。年初ほどの旨みは無いと思われますが、ある程度は動くのではないでしょうか。

ギリシャ問題次第ですが、スイスフラン(CHF/JPY)のショートは、楽しみがありそうです。


| 為替予想 2015後 | 18:43 | comments(0) | - |
<< 前門のギリシャ 後門の中国 | main | オーストラリアドル(AUD) 為替予想 2015後半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE