KAWASE BIIKI

オーストラリアドル(AUD) 為替予想 2015後半

【AUD】  
★総評 弱気 大幅に下落する可能性もあり
オーストラリアドルは、下落を予想します。失業率も下げ止まりまして、足元の景気自体は悪くないように見えますが、要注意です。現在の通貨水準はやや高め、だいぶ調整は進んでおりますが、もう一段の下げの可能性がありそうです。

オーストラリア経済は内需、住宅産業に支えられております。住宅価格は中国などのアジアからの投資が過熱してきており、バブルが指摘されています。政府も住宅価格がこれ異常高騰しないように注視しているようです。中国の景気が冷え込みますと、この投資が減少し、一気に住宅価格の調整が進むと想定されています。調整は少し先になると考えていたのですが、中国の株価急落もあり、足元で、価格がどのようになるのか注意が必要です。

一方輸出は、資源価格低下の影響を受け、苦境が予想されます。鉄鋼石・アルミニウム(ボーキサイト)・石炭の価格が低調で、今後も上昇する気配が無いためしばらくは弱い状態が続きそうです。中国経済、東南アジア経済がこれ以上悪化しますと、更なる悪化も考えられます。

ギリシャ問題は影響が少なそうですが、混乱が落ち着きユーロが堅調になりますと、一部ユーロキャリートレードの巻き戻しも考えられ、値下がりが考えられます。アメリカの利上げも、同様に値下がり要因です。オーストラリアの利下げも重なりますと、金利差が一気に縮まり、大きな変動要因になる可能性もありそうです。

オーストラリア政府・中央銀行ともに、現在の為替は高い水準にあると認識しており、金融政策を通じての下落を期待しています。経常赤字の拡大具合を考えると妥当性はあるかと思います。住宅価格の伸びが弱まり次第、政策金利をさげることが予想されいて、直接的には、これが、通貨を下落させる原因になると思われます。


★注目すべき指標
 ・住宅価格
 ・鉄鋼石価格
 ・アルミニウム価格
? ・上海総合株価指数
 ・中国経済指標各種


★トレードアイデア
ショートが基本戦略です。値上がりが予想される通貨とのペアで問題ないでしょう。
AUD/USD .AUD/EUR . AUD/JPY のショートをバランスよく持ちたいところです。



| 為替予想 2015後 | 14:28 | comments(0) | - |
<< 日本円(JPY) 為替予想 2015年後半 | main | ニュージーランドドル(NZD) 為替予想 2015後半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE