KAWASE BIIKI

中国人民元(CNY) 為替予想 2015後半

 【CNY】
★総評 ドルペッグ継続を予想 堅調
中国人民元は堅調を予想します。アメリカドルの強気相場が予想されるため、それに追従している人民元も堅調な動きになると予想します。価格は相当程度高い水準にあると思われ、大幅な下落も考えたいとところですが、結局は管理されている通貨、価格は人民銀行と共産党政府の考え方次第のようです。

注目は、アメリカドルのペッグ政策を続けるのかということですが、特にアナウンスも無いので、基本的には継続すると考えます。スイスのように急に為替政策を変更する可能性は低いと思われますので、人民銀行および共産党政府からの情報が無ければ、政策が変更することは無いでしょう。情報は最新のものを、常にチェックすることが大切になります。

心配される経済状況ですが、如何せん、GDP成長率や失業率といった主要な経済指標の信頼感が低いといわれ、実態を知るのは難しくなっています。ただ各種報道を見る限り、以前ほどは、上昇局面ではないと言うことができそうです。過剰設備の削減や不良債権処理の段階で、実際の失業率がどのように変化するのかを、注目していきたいところです。
また株式市場にですが、上海総合株価指数だけでなく、国内向けのB株指数や新興銘柄指数も大幅に落ち込んでいます。今後、消費分野、内需分野を中心に、どのような影響が出てくるのか、見極める必要があります。

一応ですが、ドルペッグが終了するパターンも想定してみます。
中国政府がドルペッグ政策を変更するとするならば、どのような状況が考えられるのかといいますと、失業率を抑えるための、輸出産業の支援、促進が目標になると思われます。政策金利を0%近くまで下げ、それでも失業率が下がらないようですと、為替政策の変更が行われる可能性が高くなると推測されます。
そしてもうひとつは、外貨準備の減少です。中国の外貨準備は巨大なため、すぐにというのは考えにくいですが、外貨準備が不足すれば、人民元の価格を支えられなくなり、強制的にドルペッグが終了になります。外貨準備が大幅に減らなくても、ある程度以上減少した段階で、ドルペッグを終了する可能性もあります。



★注目すべき指標
 ・上海総合株価指数
 ・外貨準備率



★トレードアイデア
基本的には保有しないほうが良いと思われます。
アメリカドルに追従していて、高金利通貨のため、CNY/USDの組み合わせで持てば、安全金利差を獲られることになりますが、お勧めはしません。為替政策の変更が急だった場合に、損失が巨大になる可能性が高いからです。
また同様に、アメリカドルの代わりとして使用もやめたほうが良いと思われます。
じっくりと、下落相場になるのを待ちましょう。



| 為替予想 2015後 | 20:32 | comments(0) | - |
<< ニュージーランドドル(NZD) 為替予想 2015後半 | main | シンガポールドル(SGD) 為替予想 2015後半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE