KAWASE BIIKI

シンガポールドル(SGD) 為替予想 2015後半

【SGD】
★ 総評 動かないとは思うけれど下目線
シンガポールドルですが、たぶん動くことは無いと思いますが、もしどちらかに動くとすれば、下落する可能性のほうが高いと考えます。為替水準は高めです。

シンガポールドルは特殊に管理された通貨です。
シンガポールでは、政策金利という概念がなく、為替を変動させることで、金融政策を行っています。このためシンガポールドルの動きも、金融政策に依存しています。経済が好調なら緊縮政策として、為替を上向きにし、不況期には為替を下落させることで、緩和政策を執ることになっています。金融政策に変更のないときには、実質実効レートを一定にするようになっていると考えて問題ないようです。
経済の状況に為替が直接連動するため、実は、値動きがとても読みやすい通貨です。また、為替は一度に大きく変動させることを嫌うようで、実際の値動きは、金融政策変更発表後に、徐々に現れていくようです。

現在のシンガポールの経済は、相変わらず好調です。金融政策も緊縮政策が続いています。為替も数年来過去最高水準の高値を続いています。金融政策的にはこれ以上の緊縮政策はたぶん考えられまん。1月に金融政策の変更を発表しましたが、低インフレに対応するだけで、実質実効為替レートには影響を与えませんでした。
為替の下落要因があるとすれば、中国およびアジア経済の低迷です。シンガポールは、地理的要因のため、中国や周辺東南アジア各国経済への依存が高くなっています。世界最大級の貿易中継基地があり、アジアの貿易量が減少すれば、取引量が減少します。また、GDPに対する貿易の割合が高いのも特徴です。他には、金融市場の取引高の変化もシンガポール経済には影響を与えそうです。


★注目すべき指標
 ・GDP成長率
 ・失業率


★トレードアイデア
動きがあまり無い、動くとすれば下方向ということで、値上がりが期待できる通貨とのペアが相性がよさそうです。
SGD/USD?.SGP/EUR SGD/JPY?のショートでいいのではないでしょうか。
こうやって見ると、ショートで持ちたい、中国経済に依存とオーストラリアドルに近い感覚もします。
値動きはまったく違いますが・・・・・。?


  

| 為替予想 2015後 | 00:06 | comments(0) | - |
<< 中国人民元(CNY) 為替予想 2015後半 | main | ユーロ(EUR) 為替予想 2015後半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE