KAWASE BIIKI

スイスフラン(CHF) 為替予想 2015後半

【CHF】
★ 総評 弱い 
スイスフランは、下落予想です。1月にユーロとの固定相場制を廃止し、大きく上昇しました。現在は割高水準。ギリシャ問題如何によりますが、下落する可能性が高そうです。

経済状態は現状大幅に悪いわけではないですが、直近のGDP成長率がマイナスになるなど、低迷がみられます。ヨーロッパ経済が回復局面にあり、資源価格も低迷している中でのマイナス成長ですから、厳しいと見ていいのかもしれません。今後に関しましても、ヨーロッパの経済自体は良くなる方向に向かっていきそうですが、スイスでは、異なった経済状況に向かっていくのかもしれません。

何も無ければ、ユーロ圏の経済回復により、ユーロと共にフランも上昇する可能性が高いと思われます。この場合、スイス中央銀行(スイス国立銀行)が基準にしている、実質実効為替レートがより高い水準になるため、何らかの金融政策を行う可能性も高まります。具体的な方法は難しいのですが、通貨誘導政策を執ることになりそうです。ユーロとの固定相場をおこなう可能性も否定できません。

スイスフランの下落するシナリオはいくつかありそうですが、ひとつはギリシャ問題が落ち着きが見られた場合の、為替の巻き戻しです。ギリシャ問題のため、リスク回避で売られていたユーロが、買い戻され、避難通貨であったフランが、売られるシナリオです。この場合は、金融政策を経ずに、ユーロが下落することになりそうです。

注意すべき点は、スイスフランがいわゆる安全通過であるという点です。世界的なリスクオフの状況になると、通貨が上昇する可能性が高くなりそうです。



★注目すべき指標
 ・失業率



★トレードアイデア
ヨーロッパ系の値上がりが予想される通貨との相性が良さそうです。
EUR/CHF . GBP/CHF? SEK/CHF NOK/CHF のロングでどうでしょうか。
かなり長い期間を覚悟できるのであれば、CHF/JPY のショートも面白そうです。


| 為替予想 2015後 | 20:16 | comments(0) | - |
<< イギリスポンド(GBP) 為替予想 2015後半 | main | スウェーデンクローナ(SEK) 為替予想 2015後半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE