KAWASE BIIKI

スウェーデンクローナ(SEK) 為替予想 2015後半

【SEK】 
★総評 動きづらい  長期的には上昇も
スウェーデンクローナは、動きづらい展開になると予想。水準的には相当な低水準のため、急上昇も考えられますが、緩和的な金融政策が変更される予定が無いため、価格的には動きづらくなりそうです。日本円と似た展開かもしれません。

経済的には安定はしていますが、失業率が高い状態が続いています。EU圏とは異なる産業構造ですが、リーマンショック後の、ヨーロッパの景気低迷局面に、巻き込まれた形です。低インフレが続くヨーロッパの中でも、インフレ率が特に低いようです。

今後は、ヨーロッパ経済が回復するに従い、スウェーデンの景気も回復していくものと考えられます。緩和的な政策も成果を見せ始める可能性もあります。為替がギリシャ問題に巻き込まれにくいのも、経済にとっては良いのかもしれません。何かきっかけがあれば、急回復する可能性も考えられます。

現在の金融政策は、マイナス金利+国債買い入れ(量的緩和)と緩和政策のハイブリッド構造です。中央銀行は、目標を2%のインフレ率に置いておりますが、これは達成が厳しそうです。緩和的な金融政策はしばらく続きそうです。



★注目すべき指標
 ・失業率
 ・インフレ率



★トレードアイデア
水準がかなり低いため、これ以上の大幅な下落は起こりにくいと考えます。
ロングが基本戦略ですが、金融政策が続くと考えられるため、上昇はかなり遅れると思われます。長期戦になりそうです。
CHF/SEK のショートでどうでしょうか。

| 為替予想 2015後 | 21:16 | comments(0) | - |
<< スイスフラン(CHF) 為替予想 2015後半 | main | ノルウェークローネ(NOK) 為替予想 2015後半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE