KAWASE BIIKI

ロシアルーブル(RUB) 為替予想 2015後半

【RUB】 
★総評 短期では上下も、長期的には下落
ロシアルーブルは非常に読みづらいのですが、水準が高く、長期で見た場合の下落が比較的読みやすい展開かと思います。昨年末から大幅に下落した通貨ですが、最近は安定。目先では、上下どちらの可能性もあります。

ロシア経済は、昨年のクリミア侵攻以来、経済制裁の影響もあり、低迷しています。失業率、インフレ率が上昇。GDP成長率もマイナスです。さらに昨年末からエネルギー資源価格が大きく下落していることも、これに拍車をかけています。個人消費が減少し、バブルの懸念のあった住宅価格も、大幅に調整が進むなど、典型的な不況局面の最中と考えて問題ないでしょう。
少し驚いているのは、経常黒字幅が大きいことです、主力輸出品価格が、大幅に下落しているにもかかわらず、経常黒字を保っています。ヨーロッパからの輸入の減少が原因ですが、国民の購買力の減少(貧困化)が、貿易を支えている状況と考えられます。外貨準備の減少幅も低下し、ロシア経済が崩壊状態になる可能性は、かなり遠ざかったといえるます。

現在の東ウクライナ情勢を見ても、解決には程遠く、経済制裁がしばらくは続くものと推測できます。エネルギー価格の上昇も遠いため、景気の本格回復は相当程度先になりそうです。

来年には、インフレ率が大幅に低下し、それに合わせる形で、政策金利も低下していく予想です。その後、中央銀行およびロシア政府が、通貨高・通貨安のどちらを選択するのか、それにより金融政策が決まってきそうです。



★注目すべき指標
 ・原油価格
 ・インフレ率



★トレードアイデア 
短期的には上下どちらも動く可能性があり、長期的には下落予想のため、長期的に上昇しそうな通貨とのペアが安全でしょう。
EUR/RUB のロング一択だと思われます。


| 為替予想 2015後 | 23:42 | comments(1) | - |
<< ノルウェークローネ(NOK) 為替予想 2015後半 | main | ポーランドズロチ(PLN) 為替予想 2015後半 >>
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/07/10 5:49 PM |









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE