KAWASE BIIKI

ポーランドズロチ(PLN) 為替予想 2015後半

【PLN】 
★総評 やや弱め 
ポーランドズロチはやや弱めを予想。通貨は今年に入ってから下落幅を広げています。水準は中立も、上がり目は少ないと思われます。ただし、大きく下落する雰囲気もなく、アメリカの利上げをどう乗り切るのかが課題になりそうです。

ユーロ圏に比べ、中央、東ヨーロッパはやや厳しい経済環境、ヨーロッパ全体で、低いインフレ率になっていますが、特に東ヨーロッパでは、デフレが顕著になっているのが特徴です。ポーランドの失業率は、改善してきているものの、2桁台を保つ形になっています。ユーロの下落もポーランド経済にとっては痛手です。

とりあえずギリシャ問題が安定することは、良いニュースです。EU圏全体の経済回復も、成長に寄与しそうです。単純な成長余地自体は、もう少しはあると思われます。個人や、企業債務の中に、ユーロやスイスフランといった外貨建てのものがあり、これが今後、問題になる可能性ががありそうです。

実質金利がやや高くなっていますが、金融政策の向きは、緩和方向です。政策金利は徐々に引き下げられており、今後も継続して引き下がることになりそうです。金融政策の法制が違うため、アメリカが利上げの際には、値動きが大きくなる可能性があり、注意が必要かもしれません。



★注目すべき指標
 ・インフレ率



★トレードアイデア
この水準で、特に保有したいと思う通貨ではないですが、アメリカ利上げ頃までは、ある程度読みやすい展開かもしれません。
同じヨーロッパ圏の通貨とのペアが相性がよさそうです。
EUR/PLN のショートが安全でしょうか。
値動きは少なそうです。

| 為替予想 2015後 | 20:55 | comments(0) | - |
<< ロシアルーブル(RUB) 為替予想 2015後半 | main | ハンガリーフォリント(HUF) 為替予想 2015後半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE