KAWASE BIIKI

トルコリラ(TRY) 為替予想 2015後半

【TRY】 
★総評 弱気 アメリカ利下げの影響が心配
トルコリラは難しいですが、下落予想です。今年に入ってから、一度大きく売られましたが、最近は安定しています。ギリシャ問題の影響も為替面では感じません。水準はやや高め、買いづらいですね。

先の総選挙で、与党が苦戦したことからも分かるように、経済は低迷中と考えてよいでしょう。高インフレ・高失業率・高経常赤字と、長年の問題が解決しないまま、資本が流出している状況のようです。世界的に低インフレの中、ここまでインフレ率が高いのは、(資源国を除けば)珍しい状況です。アラブの春以降の北アフリカや、中東情勢など、地政学リスクが常に付きまとい、経済に悪影響を与えています。リーマンショック後、好調だった勢いは、まったく無く、非常に厳しい局面にあると思われます。

今後も、ヨーロッパ向けの輸出は増えそうですが、地政学リスクは継続中で、厳しい経済運営を迫られそうです。しばらくは高い成長は期待できない状況になりそうです。経常赤字が大きく、アメリカの利上げ局面で、大幅に下落する可能性もあり、注意が必要です。

金融政策ですがエルドラン大統領はじめ、行政側は緩和政策を支持、中央銀行はインフレ対策として、緊縮政策を採りたいと対立しています。新興国ではたまに見かける光景です。予測は難しいですが、大きな緩和は無いと考えます。



★注目すべき指標
 ・インフレ率
 ・失業率
 ・正常収支



★トレードアイデア
目先上下することはありそうですが、中期で下落予想。
素直に上昇予想の通貨とのペアを考えていきたいところです。
EUR/TRY のロング、TRY/JPYのショートでいいと思います。

| 為替予想 2015後 | 23:09 | comments(0) | - |
<< ハンガリーフォリント(HUF) 為替予想 2015後半 | main | 南アフリカランド(ZAR) 為替予想 2015後半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE