KAWASE BIIKI

中国人民元(CNY)為替予想2016前半

【CNY】
★総評 「弱い」 長期での下落。
注目の人民元ですが、下落を予想します。8月のレート変更後は下落基調、直近は下落幅を広げています。2016年も強い売り圧力が続くと考えられ、この動きが続いていくと思われます。年間を通じてといいますか、今後数年にわたっての下落の予想です。

2015年まではソフトドルペッグと言われたように、人民元がアメリカドルに追随していたため、人民元価格が実力値以上に上昇してしまいました。水準的にはかなりの割高だと考えられます。そのため人件費の高騰で、製造業は苦しい状況が続いています。倒産して企業も増えていると推測されます。代わりに内需が好調で、小売やサービス業の拡大は大きなものになります。外需から内需への転換は中国政府の目指すところであり、順調に進んでいくことでしょう。2016年も最低賃金を10%以上程度上昇させることは間違えなく、製造業の国際競争力確保をサポートするためにも人民元の下落が必要になってくると思われます。

金融政策では政策金利を下落させている途中です。生産者物価指数が−5%以上の下落と相当大きな値のため、緩和的な金融政策は必須の状況で、より低い金利を目指すものと思われます。預金準備率の引き下げを含め、しばらくは緩和的な流れが続きそうです。

外貨準備高は減少中。為替介入の原資としての使用で、減少している考えられています。資源価格の下落の影響もあり、貿易収支は大幅な黒字ですが、資本の流出が大きいため、国際収支の下落が顕著になっていると思われます。人民元の下落率が大きくなると、関係国への影響も心配されます。アジア・オセアニア通貨や資源国通貨には厳しい展開が予想されます。


★トレードアイデア
CNY/JPY  S
USD/CNY  L
EUR/CNY  L

主要国との組み合わせで売り目線です。短期・中期・長期でこのままで大丈夫だと思います。

| 為替予想 2016前 | 11:18 | comments(0) | - |
<< ニュージーランドドル(NZD)為替予想2016前半 | main | シンガポールドル(SGP)為替予想2016前半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE