KAWASE BIIKI

ユーロ(EUR)為替予想2016前半

【EUR】
★総評 「やや強い」 不安定ながらも底堅い。
ユーロは上昇予想です。2015年は年初に量的緩和を実施したため、大幅に下落した年でした。それでも、7月のギリシャ問題以降は、秋口までは底堅く、10月のドラギ発言で再下落しましたが、直近は堅調な動きになっています。2016年は安定した動きは期待できないですが、大幅な下落は無いでしょう。自力がある通貨です。

経済状況を見ると、リーマンショック以前ほどの成長力は無いものの、着実に回復しているといった印象です。域外との貿易が拡大し、経常黒字が増加しています。失業率は低下気味ですが、やや高めに推移していて、これが不安材料です。2015年に起きた、対IS・東ウクライナ・移民・ギリシャ・フォルクスワーゲンといった問題が多く残ってしまい、成長の足かせになると考えられます。資源価格の下落は全体的に見ると好影響を与えそうです。

現状は、緩和政策の拡大予想や、低金利を利用したキャリートレードの調達通貨として使用されているため、下落基調が進むことも想定されます。しかし、為替水準は実力値に比べ十分に低く、これ以上の大幅な下落は難しいと考えています。金融政策自体は緩和的なものが継続されるでしょうが、為替市場に与える影響は低下するでしょう。

2015年はユーロ圏から問題がたくさん発生しました。2016年は、資源新興国や中国、アメリカの問題が中心になりそうです。リスクオフ時のキャリートレードの巻き戻しには注意したいものです。


★トレードアイデア
EUR/GBP  L
EUR/CHF  L
EUR/NOK  L

上昇目線なので、弱そうな通貨とのペアです。ヨーロッパ圏の通貨との相性が良さそうです。


| 為替予想 2016前 | 21:38 | comments(0) | - |
<< シンガポールドル(SGP)為替予想2016前半 | main | イギリスポンド(GBP)為替予想2016年前半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE