KAWASE BIIKI

イギリスポンド(GBP)為替予想2016年前半

【GBP】
★総評 「弱い」 ピークを過ぎた。
イギリスポンドは弱気予想です。2015年までは経済の成長と共に雇用回復、利上げも噂されていましたが、下半期にやや失速、利上げの延期が想定されると値を下げました。特に強気になる材料も無く、主要国の中では最も低い評価です。

経済状況は、失業率が改善中、リーマンショック以前の値に近づいています。ここから賃金上昇による成長を見込みたいところですが、大幅な貿易赤字の拡大と、政府債務がこれを邪魔している格好です。経常赤字の対GDP比は、主要国中最低の水準です。また、産油国でもあるため、他の主要国に比べて、資源価格の下落の恩恵が少ないのも悪材料になります。ポンドは2014年ごろから上昇を続けていたため、現在はやや高めの水準で推移していますが、この水準を維持できるかには疑問が残ります。

利上げも予想されていた金融政策ですが、低インフレが続いているため、現状では利上げは難しいと考えます。マーケットの予想でも。2017年以降まで先送りの公算が高いようです。特に新たな成長の原動力も無く、このまま、低インフレ・低成長の状態がしばらく続くと予想します。

ユーロ圏ではないイギリスですが、経済的にも政治的にもユーロ圏の影響は大きいでしょう、ISや移民の問題でも前面に立たされる状態になっていて、2016は厳しい状態になることが予想されます。


★トレードアイデア
 ・EUR/GBP  L
 ・GBP/JPY  S

下落方向の予想です。主要国とのペアで問題ないと思われます。

| 為替予想 2016前 | 13:41 | comments(0) | - |
<< ユーロ(EUR)為替予想2016前半 | main | スイスフラン(CHF)為替予想2016前半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE