KAWASE BIIKI

ノルウェークローネ(NOK)為替予想2016前半

【NOK】
★総評 「やや弱い」 産油国は狙いづらい。
ヨーロッパ最大の産油国ノルウェーの通貨クローネは下落予想です。そろそろ下げ止まってもよさそうなところですが、もう少し様子見したいところ。この半年で底を見せる可能性も高いですが、まだあわてて買う必要もないかと思われます。

経済は低迷中も、マイナス成長になっていないのがこの強さの強さでしょう。しかし、失業率はやや上昇、貿易収支も黒字幅が縮小中で厳しい状態が続きます。交易条件の悪化は相当なものがあります。北海油田は世界的に見た場合、生産コストがやや高めです。そのため現在のエネルギー資源価格の動きを見る限りでは、油田の閉田・休田も致し方ない状況となっています。
ノルウェーといえば、毎年高利回りを見せることで有名な、国有の年金ファンドも有名ですが、こちらも世界的な市況の悪化を受け、この利益幅が縮小(赤字?)していて、経済・為替にはマイナス材料です。

金融政策は大幅な緩和政策を打っているわけではないですが、方向性は緩和方向です。先進国の中では、インフレ率が高めで推移しているため、政策金利の値自体は高めに見えます。2016年は数回の利下げが予想されていますが、妥当ではないでしょうか。

とにもかくにも原油価格。天然ガス価格です。ロシアやカナダ・中東各国も同じですが、エネルギー価格が底を打たない限りはどうしようもありません。2016年前半は転換点になる可能性はありますが、先行きは明るいものとはいえないと思われます。産油国の悲哀は続きます。


★トレードアイデア
・特になし

短期的な方向性と、中期的な方向性が逆方向のため、ポジションがとりずらい状態です。原油価格が原因で大幅に下落した際には、少しづつ買いを入れてみても良いのかの知れません。

| 為替予想 2016前 | 17:56 | comments(0) | - |
<< スウェーデンクローナ(SEK)為替予想2016前半 | main | ロシアルーブル(RUB)為替予想2016前半 >>









■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE