KAWASE BIIKI

為替予想2019年前半  まとめ

【為替予想2019年 前半】

半年〜1年程度の期間の為替予想です。

 

★大きく上昇 ・なし
★上昇 ・日本円 ・ユーロ
★中立 ・オーストラリアドル △中国人民元 ▼ノルウェークローネ
▼ロシアルーブル ・ポーランドズロチ △カナダドル
・ブラジルレアル
★下落 ・イギリスポンド ・トルコリラ ・南アフリカランド
▼アメリカドル ・メキシコペソ
★大きく下落 ・ニュージーランドドル

 

・大きく上昇   半年〜1年で、実質実効為替レートが   +15%  〜
・上昇   半年〜1年で、実質実効為替レートが    +5%  〜  +15%
・中立   半年〜1年で、実質実効為替レートが    - 5%  〜   + 5%
・下落   半年〜1年で、実質実効為替レートが    - 5%  〜   - 15%
・大きく下落   半年〜1年で、実質実効為替レートが    -15%  〜

 

(△)は、前回の予想と比べ、予想を改善させた通貨。

(▼)は、前回の予想に比べ、予想を悪化させた通貨。

 

★想定環境

・世界経済は続伸継続も、主要国を中心に株価が軟調に推移。

・原油価格WTI1バレル=40〜50ドル。

・その他資源価格は大きくは動かず、貴金属がやや高騰。

・利上げを予定していた中央銀行が、利上げ予定を中止する。

(米国FRBの利上げは1回)

・米国FRBのバランスシート縮小は継続。

・米国国債のイールドカーブはフラット化が進む。逆イールドになるかは微妙。

・不動産市場は下落傾向を強める。

 

 

前回2018年9月の予想と比較しますと、産油国通貨を下落方向に修正した他は変化の少ない予想です。カナダドルは上昇修正していますが、もう一段階下評価でも良かった気がします。

 

とりあえずの予想のテーマは「世界的な金融政策の方向性の転換」でした。

最近まで金融政策といえば、緊縮化が主な議題っだったのですが、ここに来て金融政策が緩和的に動きそうな雰囲気。米国FRBの利上げ予想回が減少したほか、利上げを準備していた各中央銀行が、そうした動きを取り止め利下げの準備を始めました。

世界経済の減速感も強まってきていて、為替市場はややリスクオフの傾向が強まると見ています。そうなったらユーロや日本円は上昇しやすいかなぁ・・・。というのが予想のメインシナリオとなっています。

 

 

★トレードアイデア

・NZD/JPY S

・EUR/USD L

・EUR/GBP L

 

全体的に、新興国よりも主要国の方が動きが読みやすいとみています。オセアニア通貨は金融政策や国内経済を見ながら「売り」で、ユーロドルはとりあえず長期目線での保有、イギリスポンドや新興国通貨は一度上昇した後、モグラたたき感覚で上から叩くというイメージです。日本円とユーロの使い分けは適宜。「売る」方の通貨はもう少しバラエティに富ませて良いと思います。

 

 

本年もブログおよびtwitterをご覧くださり、誠にありがとうございました。

それでは良いお年を。

| 為替予想 2019前半 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< ブラジルレアル(BRL) 為替予想2019前半 | main | 米国ドルの動き次第でどうにでも動く困った相場 >>









http://www.kawase-biiki.com/trackback/988
■ LATEST ENTRIES
■ CATEGORIES
■ ARCHIVES
■ SEARCH
■ LINKS
■ PROFILE